COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.01

致命傷になる前に! 経営者必読!! グローバル化時代に求められる真の異文化適応力

イタリアとカナダでは論の組み立てが逆

もう1つ、原理優先と応用優先について触れておこう。原理優先とは、最初に原理や理論、複雑な概念を検討してから、事実や発言、意見を提示するように訓練されている人々。これに対して、応用優先とは、それぞれ発言や意見を提示した後、それを裏付ける結論や説得力を持たせる概念を加える訓練がなされている人々のことだ。前者がイタリアやフランス、ロシア、スペイン、ドイツなどで、後者はカナダ、アメリカ、オーストラリア、イギリスなどが当てはまる。論の組み立て方が逆なので、とくにアメリカやカナダの人にとっては、フランス人などからのメールに「なぜ本題から入らないんだ」とげんなりしてしまう可能性がある。

  • LINE