COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2021.08

エネルギーも食料も医療も。
利雪がGDPを押し上げる!
世界一の豪雪国「日本」の利雪戦略

雪というとどんなイメージを持つだろうか。住んでいる地域によって大きく違うと思う。

太平洋側に住む人は、スキーやスノーボードのレジャー。あるいはクリスマスや雪だるまのイメージだろうか。

かたや北海道や日本海側の人にとってはやっかいもののイメージが強いだろう。雪がこれほど降らなければ、快適に暮らせるのに、恨めしそうに空を見上げることもあるかもしれない。

しかし、そんなイメージを覆すことが起こりつつある。雪はとてつもない可能性を秘めたエネルギー源であり、食品や医療、物流に革命を起こす可能性に満ちている。

雪冷房や雪室貯蔵など、利雪設備や利雪システム技術の研究開発を20年以上続けてきたスノーエンジニアの伊藤親臣さんは、雪の可能性はまだまだ知られていないと語る。

日本は世界屈指の豪雪国でありながら、雪と共存しながら都市化を進めてきた利雪立国。

伊藤さんに日本の利雪イノベーションの現在地とこれからを伺った。

  • LINE