COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2022.03

VUCAの時代だからこそ ツキを掴み、人生を好転させる
口癖を身につける

人は誰しもが
「勝ち組遺伝子」を持ってる

 ツキは人類が持っている共有資産であり、生み出すことができる。日本と米国で事業を成功させ、医学博士、理学博士、農学博士号を持つ、故・佐藤富雄さんは著書で「ツキは偶然でも奇跡でもない。すべて本人自らがつくり出している」と語っている。
 佐藤さんによれば、「自分がツイていると思っている成功者には、ある共通の『性質』がある」という。それは「良い思い込み」を持っていることだ。
 佐藤さんは、ツキを呼ぶ実践者であり、医学博士号、理学博士号を持つ生物の専門家として科学的に検証しているのだ。
 佐藤さんによれば、いま生きている私たちは全員、勝ち組遺伝子を持っているのだという。つまり誰もが勝ち組として生き残っている成功者であり、成功する遺伝子を持っているというのだ。
 その理由はこうだ。
 人類の歴史は500万年前に始まり、4回もあったとされる氷河期を乗り越えてきた。とくに最後の氷河期は人類にとってかなり過酷だった。当時はすでにヒトの体毛は現在と同様にほとんどなく、体温を維持しながら、少ない食料を確保し、生き延びなければならなかったからだ。
 その進化プロセスのなかでは、同じ人類として生まれながら途絶えてしまった種もある。つまり現在、私たちが生き残って文明社会を築きあげたことは、それ自体が、生き延びた「勝ち組」の証なのである。
 言うまでもなく我々が生き延びてきた最大の理由は、ほかの哺乳類に比べて脳が発達したからだ。

  • LINE