SDGs 持続可能な社会への取り組み

持続可能な開発目標 / SDGsとは





持続可能な開発目標 (SDGs) とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標 (MDGs) の後継として、
2015年9月の国連サミットで採択された 「持続可能な開発のための2030アジェンダ」 に記載された、
2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の 「誰一人取り残さない (leave no one behind)」 ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル (普遍的) なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

ふくいSDGsパートナーシップへの宣言・登録

福井県では、SDGsの理念に沿いながら、持続可能な地域・社会づくりを全県一体となって進めるため、企業や団体、教育・研究機関、NPO、自治体などの多様な主体が参画する官民連携プラットフォーム「福井県SDGsパートナーシップ会議」を創設しました。わたしたちエル・ローズもこの活動に賛同し、「創業時の謙虚さを忘れず、地域社会と共に歩み、SDGsの達成を通じて、感謝の想いを地域に還元していきます。」

「ふくいSDGsパートナー」についてはこちら
https://www.pref.fukui.lg.jp/doc/seiki/sdgs/sdgs-partner.html
「ふくいSDGsパートナー」登録団体・企業についてはこちら
https://www.pref.fukui.lg.jp/doc/seiki/sdgs/sdgs-partner-list.html

エル・ローズが
取り組んでいること

1

環境配慮型社屋グラン・ゲート

当社では「環境配慮型のエコな建物」「バリアフリーな設計」「従業員がワクワクするワークプレイス」の3つにテーマを掲げ、
新社屋「グラン・ゲート」を建設しました。
エネルギーの自立を含む地球環境や就労環境、地域環境への配慮により、
「CASBEE A評価」、「ZEB ready」認証を取得いたしました。
DALIシステムを導入し、この2つの基準をクリアした建築物としては北陸初となります。

ふくいSDGsパートナー宣言
BUILDING環境を配慮した
トータルデザイン

ZEB認証を
取得

ZEB認証

ZEBとは、「Net Zero Energy Building」を意味し、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物を指します。
建物の高断熱化や電力削減による「省エネ」、太陽光発電による「創エネ」、燃料電池などによる「蓄エネ」の利用によりエネルギー消費100%削減を目指し、削減率により「ZEB ready」「Nearly ZEB」「ZEB」の3段階に区別されています。
エル・ローズ グラン・ゲートはBELS(建築物省エネルギー表示制度)の認証評価にて第三者評価機関より設計一次エネルギー消費量52%削減の認定を受け、「ZEB ready」を取得しました。
グラン・ゲートは特に「省エネ」に特化しており、高気密、高性能の建築に加え高効率空調、調湿換気扇のDESICAや全熱交換器、DALI照明の採用によりZEBを実現しています。

DALI照明とは

照明の調光制御に特化した制御規格です。自然採光を最大限に利用することで、普段と変わらない明るさのまま、消費エネルギーの削減を可能にします。

CASBEE
“A”を取得

CASBEE認証

省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮だけではなく、室内の快適性や景観への配慮などを含めた建物の品質を総合的に評価する建築指標「CASBEE」。地球環境・周辺環境にいかに配慮しているか、ランニングコストに無駄はないか、利用者にとって快適か等の性能を客観的に評価したものです。評価ランクは「S」「A」「B+」「B-」「C」となっており、グラン・ゲートは「A」評価をいただきました。

ソーラーウインド
街路灯を採用

太陽光(ソーラー)と風力(風車)の2つの自然エネルギーを利用し、CO2排出ゼロのクリーンエネルギーで終夜点灯を実現する街路灯です。
災害時でも、停電による消灯の心配のない安心な明かりを設置しています。

ソーラーウインド街路灯

その他、働きやすい環境づくりのため、内部設計にもさまざまな工夫を散りばめています。
働く人すべてのワークスタイルにフィットする空間デザインを目指しました。

2

サスティナブルな商品設計

当社ブランド「STYLEUP」より「大転子ガードル」と「お腹スリムシェイパー」が
2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
「STYLEUP」シリーズでは、2015年に続く2度目の受賞となります。

グッドデザイン賞を受賞

生地の廃棄量(裁断くずとして捨てる部分)を問題視し、1枚仕立ての生地を交互に配置した設計に挑戦、
生地の廃棄量を35%から28%程度まで減らすことができました。
難易度の高いエコパターン技術により、本来のたるみサポート用の別布を不使用(廃棄ゼロ)とし、
資材を生地とテープだけに抑え、生産工程においてもムダをそぎ落としたシンプルな設計になっています。

デザイナーの声
DESIGNNER'S COMMENT

編みの技術と設計の工夫によって、ECOなモノづくりが実現した商品になりました。
サスティナブルな商品設計と、ねらいの機能性を実現するための試行錯誤は、企業の使命と捉えています。
これからも、SDGsの目標達成に向けて、新しい商品価値を創造することに取り組んできたいと思います。

商品パッケージもサスティナブルに

お客様のもとに商品をお届けするパッケージや梱包材にも、サスティナブルな工夫を施しています。
ガムテープを使用しない箱、FSC森林認証のクラフトバック、米ぬかを使用した袋など、地球に優しい包装資材を導入しています。
プラスチックをできる限り使用しないことや、簡易包装にてお届けすることで、環境負荷の低減に取り組んでいます。

エコ梱包

PBブランド「STYLE UP」の袋も、従来のポリエチレン素材のパッケージから、紙製のパッケージへ徐々に移行しています。

エコ梱包

WEBショップや実店舗の梱包材も、できる限り紙や米ぬか由来の素材を選択。インクも地球にやさしいものを採用しています。

3

すべての社員が働きやすい
環境づくり

当社は「美と健康」をテーマとした商品開発・事業運営を行っており、
女性社員の活躍は会社の成長を考える上でなくてはならないものです。
また社員一人ひとりの成長を積極的にサポートしております。

PURPOSE /
ふくい女性活躍推進企業として

すべての女性社員が個々の能力を十分に発揮し、
新しい発想や感性でイキイキと活躍していける職場環境づくりを行っています。

主な実績

・「短時間勤務制度・育児休業の取得推進」等の支援を積極的に行い、産休育休取得率は100%です。
・女性社員は従業員全体の60%を占め、特に若手・中堅社員が多く活躍しています。また女性役職者は従業員全体の20%と増加傾向にあります。
・SDGsを推進するチームメンバーのうち女性が80%を占め、活躍の場を広げています。
・サニタリー用品の常備等、女性が働きやすい環境の整備を行っています。

ふくいSDGsパートナー宣言

PURPOSE /
品質とサービス向上のために

資格取得時の助成制度

業務上必要となる資格について、資格取得時に受験費用を全額会社が負担しています。
【社内推奨資格】繊維製品品質管理士、インティメイトアドバイザー、化粧品検定、健康運動指導士、ビジネス・キャリア検定…etc

海外語学留学制度

当社は、事業の海外展開拡大のため、社員の語学力向上を目指しています。その一環として、半年間海外留学ができる制度を設けています。本制度を利用した社員は、語学力向上だけでなく、海外の文化を知ることにより自身の価値観を広げる貴重な経験ができたと大変満足している様子でした。

新入社員研修・フォローアップ研修の実施

入社後、エル・ローズグループの新入社員が一同に介して、社会人としての基礎的なビジネスマナーやビジネススキルの習得のための研修を実施しています。また、入社6ヶ月後にこれまで学んだ知識やスキルを再確認し、自身のキャリアデザインについて考えるための研修を実施しています。

4

持続可能な街づくりのために

全社員が地域の環境保全に対する意識を持ち、月に一度、会社周辺地域の清掃活動を行っています。

近隣にお住まいのみなさまと挨拶を交わすなどコミュニケーションを取りながら、タバコの吸い殻や空き缶などのゴミ拾いや草刈り、
落ち葉掃きを行い、コミュニティの環境維持・保全に協力しています。
この活動は、20年以上継続して実施しており、安全で美しい街の持続に会社をあげて取り組んでいます。

クリーン活動の様子
ふくいSDGsパートナー宣言

5

未来の大人たちのために

地域の子供たちへの教育支援の一環として、社会科見学(施設見学)を受け入れています。
職業や社会に触れる機会の提供を行うことで、地域の将来につながる一助になればと考えています。

見学に来られた子どもたちから頂いたメッセージ

▲見学していただいたお子様からは、「商品のできる様子が見られてよかった。」「倉庫の中には多くの商品があって驚いた。」などの感想をいただきました。

社会科見学では、「グラン・ゲート」にて環境に配慮した設備や素材を取り入れた施設見学、
サスティナブルな商品について紹介などをさせていただきます。
また「薔薇センター」では商品の縫製、自動ラック倉庫からの商品出し入れの様子、
商品を出荷するまでの工程を見学していただけます。
エル・ローズはこれからも地域の子供たちに感動を与えられる社会科見学を目指していきます。

6

SDGsをさらに
企業活動の拠り所とするために

SDGs推進組織の立ち上げ

当社では、 SDGsを将来の企業経営の拠り所とするために、SDGs推進のための組織を立ち上げました。
社内から抽出した15項目にもおよぶ推進目標を設定し、2030年のゴールを想定しました。
代表取締役社長を長とし、将来のエル・ローズを担うミレニアル世代社員を中心に組織編成しました。

エル・ローズSDGs分科会組織図
エル・ローズSDGs分科会組織図

社会科見学のお申込み案内

見学場所
グラン・ゲート(福井県坂井市丸岡町南横地13-21-1) /
薔薇センター(福井県坂井市丸岡町下安田22-16-3)
申し込み方法
お電話でお問い合わせください
申し込み先

0776-27-3131