COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2019.02

FAOも動き出した! 「昆虫食」が世界の食糧問題を変える?!

実際虫はどんな味がするのか―グルメランキング

 ではその昆虫はどのような味をしているのか。

 内山さんは、10年にわたる食虫体験から、美味しかった虫のベスト10として次のような虫を挙げている。

 

 こう書かれてしまうと、一度は試してみたくなるが、もちろん注意が必要だ。

 まず、食す際には、必ず加熱する。絶対に生で食べてはいけない。昆虫を不潔だ、不衛生だというのは誤りで、管理された衛生的環境であれば、ハエでも清潔なのだ。ただ触れるものに雑菌やウイルスがあったりするので、病気などが広まったりするのだ。実際にFAOなどによれば、衛生的な環境のなかで養殖された昆虫が寄生虫や病気を人間に伝染した例はないと言っている。だが自然の昆虫はそういった環境にないので、十分な加熱が必要となるのだ。

 もう1つ甲殻アレルギーがある場合は注意が必要だ。コウロギやバッタなどには海老や蟹と同じ成分であるキチンがあり、アレルギー反応が出ることがあるからだ。同様に体調の悪い時は、避けたほうがいいだろう。

 内山さんによれば、あともう1つ、有毒昆虫は避けることが必要だと言う。たとえば、ツチハンミョウ科の昆虫は加熱しても消えないカンタリジンという毒があるので、こうした毒を持つ昆虫は図鑑で確認できるので、事前にしっかり調べることが必要だ。

  • LINE