COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2019.07

2500年前からの知恵 「孫子の兵法」に学ぶ

小さい企業は経営理念を発信せよ

 しっかりとした情報ネットワークは、社内だけでつくり上げるものではない。刻々と変化する時代では、社内外のネットとワークをいかに築くかが重要だ。とくに中小企業の場合は、自社人材や自社情報だけでは限界があるからだ。

 孫子は「諸侯の謀を知らざるものは、予め交わることを能わず。」と言っている。諸外国と手を組んでいくためには、各国のトップが何を考え、どのような戦略をもち長期展望を持っているかを知らないと、手は結べないということだ。

 企業が生き残っていくには外部の企業や人の協力を得る必要がある。手を結ぶ以上、相手がどのようなビジョン、成長戦略をもっているか、いかに実現してきたかをしっかり見据えなければいけない。古い付き合いだから、安いからだけでは、互いに成長はしない。それは逆に自社のビジョンや成長戦略がきちんと確立し、理解されていないと、便利な業者としてしか見てもらえないことにもつながる。小さい企業だからこそ、確固たる経営理念、ビジョンをもち、しっかりと発信することが重要なのだ。

 2500年の時を超えて、孫子の兵法が教えてくれることは、まだまだある。勝ち続けるための、情報戦略を皆さんはしっかり持っているだろうか。

<POINT>

■ 戦いは机上で決まる。
■ 最強の戦いは、戦わないこと。
■ 敵は競合会社ではない。潜在顧客。
■ 経営は勝てばいいのではない。どんな勝ち方をするかが大事。
■ 日報は計画を書く。
■ IT日報で情報共有する。
■ 戦うには理念が必要。
■ 戦うための「判断力」「知識」「統率力」「企画力」はあるか。
■「権限移譲」はできているか

  • LINE