COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2019.07

2500年前からの知恵 「孫子の兵法」に学ぶ

勝つために経営者に必要な5つの能力

 経営者として勝っていくためには、何が必要なのか。孫子は「勝を知るには五有り。此の五者は勝を知るの道なり。」と5つの力を挙げている。

 すなわち、「判断力」「知識」「統率力」「企画力」に優れ、「権限移譲」がきちんとできている時に戦うべきだと言っている。これらはそのまま、現代の経営に当てはめることができる。ただすべきことの順位で言えばちょうど逆になる。

 つまり、まずトップが部下を信頼し権限委譲が行われていることだ。その上で、きちんとした計画・企画が練られていること。その計画・企画に対して全員が納得し一体感が醸成されていること。そしてそれぞれの部署の一人ひとりが全体の戦略から戦術を理解し、自分の役割を把握し、その任務にふさわしい知識と知恵を備えていること。そしてそれらがすべて整った上で、最善の時を判断する、のだ。そして最善の時とは、周到な準備を重ねてきても、戦わないこと。場合によっては撤退するという判断もあるということだ。

 経営は自社の問題だけではない。社会環境やライバル会社、取引先、顧客の動向などさまざまな因子がからみ合っている。たとえそれぞれの項目が100点を取っていなくても、今この時を逃さずに戦いに挑む場合はある。大事なことは自社基準の100点ではなく、市場の基準で100点であるかである。

  • LINE