COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2019.08

ビジネス目利きの見方

たまには敢えて軸をぶらす

けれども、「軸が決まっているかといって、必ずしもその位置が固定されているわけではない」と、藤巻さん。

「シンプルな人が時にはデコラティブなものを買う。そういう振り幅のある選択をすることが『目利きの特徴』」なのだと。

逆に軸がしっかりしているから、思い切ったぶらし方ができる。軸がぶれないから、違うステージに入っても素早い対応ができるのだ。

よく仕事のできる人は、新しい仕事や職場に移ってもそつなくスピーディにこなせるという。それはきっと自分のスタイルと軸をしっかり持っているからだ。

自分のスタイルを持ち、軸がぶれないということは、経営においてきわめて重要な意味を持つ。経営理念という軸と経営方針というスタイル。仮に経営環境というモードが変化しても、この軸とスタイルがぶれない限り、事業者としての目利き力は鈍らないはずだ。

  • LINE