COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2019.08

ビジネス目利きの見方

自分を壊すこと恐れない

逆に変化の激しい今は、意図的にぶらして反応を見るくらいの余裕がないと時代の変化についていけない。藤巻さんは、「結局目利きへの道は自分を壊すことから始まる」という。現代は時に創造的な破壊をしなければならないのだ。だが自分を壊すことはとても勇気のいること。

藤巻さんは元服飾のカリスマバイヤーらしく「普段の自分なら決して着ないような服を着て自分を破壊しよう」と提言している。

もちろん、服以外でもできる。たとえば......

 

など。

いままでの自分が体験したことのない、価値観の違う世界に身を置くこと。これまでの常識が通じない世界を体験することで、目利きとしての新しいステージに立つことができるのだ。

  • LINE