COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.01

致命傷になる前に! 経営者必読!! グローバル化時代に求められる真の異文化適応力

長期志向は、全体を俯瞰し把握してからスタートする

【5】の長期志向か短期志向では、日本、韓国、中国、台湾、シンガポール、インドネシア、ドイツ、ベルギー、スイス、チェコ、エストニア、ラトビア、リトアニア、オランダなどのヨーロッパが長期志向で、中東やアフリカ、中南米、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、デンマーク、ノルウエー、フィンランドなどが当てはまる。

このような特徴にしたがって、長期志向の国で短期志向の行動や判断を行うと、「1つの意見にとらわれがち」「拙速」「全体像が見えていない」と見られがちで、逆に短期志向の国での長期志向の行動や判断は「物事の白黒が曖昧」「ぶれる」「分析力がない」「決断が遅い」と見られる。

  • LINE