COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.03

ビズシンカーインタビュー 人工衛星は都道府県で持つ時代に!
2020年 福井県民衛星「すいせん」 宇宙を駆ける!!

人工衛星をつくることで
製造技術を習得、
県内での生産体制構築につなげる

BIZ ● 県民衛星打ち上げ後の展開はどのようにお考えですか。

牧野● 県民衛星として打ち上げる衛星は1基ですが、1基つくって終わりではありません。県民衛星を作ることで製造技術を蓄積し、ものづくりビジネスとして展開していく。全国に先駆けで打ち上げることで、他の衛星の受注につなげていきたいと考えています。

最初から何十基も自前で持つのは大変です。かと言って小さな衛星が1基だけでは、データとしての撮影頻度が十分ではありません。アクセルスペースは何十基も打ち上げて高頻度で撮影するという計画があり、コンステレーション(群)というのですが、福井県でまず一基打ち上げ、他の衛星と連携することでデータを補完して、撮影頻度を上げいくことを目論見ました。

BIZ ● 人工衛星というモノをつくるものづくりビジネスと、データを活用したソフトビジネスの2軸で進めるということですね。

牧野● はい。先程言いましたように福井県には宇宙産業はありません。ですが福井県の中には繊維とかメガネなど、部品や部材を作ることにものすごく長けてる企業が多い。その技術を活かせば宇宙産業にも関わっていけるのではと。まずは衛星の組み立てを福井県でできるようにして、後々は部品自体も福井県の企業が作れるようにして供給していく。最終的には人工衛星製造のサプライチェーン構築まで持って行けたらいいと思っています。

またデータの利活用ビジネスについては、まず県で実証して行政向けのシステムを作り上げ、実績を積んで全国の自治体に展開していき、あわせて民間向けのソフトウェアを展開していくイメージです。

  • LINE