COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.03

ビズシンカーインタビュー 人工衛星は都道府県で持つ時代に!
2020年 福井県民衛星「すいせん」 宇宙を駆ける!!

高まる各都道府県の宇宙産業のなかで、どう差別化するか

BIZ ● 国内の動向も気になりますね。

牧野● 一昨年内閣府から宇宙推進ビジネス自治体として、北海道と茨城県、山口県、福井県が選定されたので、そういう県とは色々情報交換しています。

BIZ ● 茨城県の場合はJAXA があるので地の利がありそうですね。

牧野● 確かに茨城県はJAXA があるということもあるようです。山口県はJAXA のセンターが山口に移転されてからデータビジネスに力を入れている模様です。北海道では北海道大学が人工衛星の研究をされていて、とくに農業にそういったデータが利用できないかと力を入れています。

BIZ ● お互いライバル視している?

牧野● ライバルというよりは、宇宙産業を盛り上げていくために協力していこうということで進んでいます。

  • LINE