COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.05

新型コロナのいまと
コロナ後を考える

実現するか学校の9月始業

教育の風景も一気に変わる可能性もある。5月1日現在、鳥取県が5月7日より学校再開を発表しているが、都道府県や地域ごとに学校の授業のスタートが変わってくると、生徒、学生の学力差が顕著になる。

全国知事会では、一部の知事から学校の始業を4月ではなく欧米の9月スタートに合わせる意見が出されている。グローバル化が進むなかで日本の教育問題のなかでも入学時期の問題は大きなテーマとして取り上げられてきた。もちろん現場の反発も大きいようだが、9月開始はグローバル化に対応した人材育成以外にもメリットがある。新型コロナ、季節性のインフルエンザへの対応だ。入試がピークとなる1月2月は、まさにインフルエンザの流行期であり、また毎年のように大雪などで交通機関が乱れる。こうしたリスクを回避できるメリットは受験生にとっては大きいはずだ。となれば教育がこれまでのように一斉入学、一斉卒業という形式がとれなくなる可能性もある。大企業などの一斉採用、一斉入社という形も崩れるだろう。

企業は通年採用がニュー・ノーマル化し、当然そのなかでのキャリアプランも再構築せざるを得なくなるし、組織と社員のエンゲージメントをどう構築するかが問われてくる。

  • LINE