COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.09

意外?当然?それは脳の癖です! 自分の脳の癖を知って
ビジネスに活かす!

悪習を治す「アメとアメなし」方法

米国のノヴァ大学アツリン教授らが開発した「習慣逆転法」を使えば、1〜3ヵ月でちょっとした癖を治せるという。癖は多くの場合、ストレスを感じると起こるので、何が原因でストレスを感じるかを見つけるのだ。

例えば爪を噛むというような癖であれば、どのような場所で、どんな人が周りにいて、どんな状況なのかを書き出し、いくつかの異なる状況のなかで共通点を探していく。そして握りこぶしをつくるなどそれができないような行動を取る。爪を噛んだと気付いた時点で、噛んだほうの手を握って3分間そのままでいる。それを繰り返す。それでも最初は長く感じる。そんな時は、周囲に伝えておき、協力してもらうと、早く悪癖が治せる。拳をつくっている間に、褒めてもらうのだ。

だが、「また爪を噛んでいる」という指摘を受けると逆効果になってしまう。脳はネガティブな環境を嫌う。だから癖や悪習慣を治すには「アメとムチ」ではなく、「アメとアメなし」が有効だ。

  • LINE