COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.10

1日3食食べたら社長失格? 有名人、アスリートが実践する
ファスティングとは?

ギネス記録司会者、
タモリを支えた「1日1食」

たとえばマルチタレントのタモリさんは1日1食をデビュー以来ずっと続けているそうだ。タモリさんは、単独司会の記録として8054回のギネスブック記録保持者だが、その間、休んだのはわずか12日。体調不良で休んだことは1度もないと言っている。また「夜8時を過ぎると一切食べない」など、その節制ぶりは徹底している。タモリさんのライフスタイルを見習って、芸能界にファスティングが広まったとさえ言われている。

「 笑っていいとも!」で共演をしてきたタレントの中居正広さんは、フジテレビの「27時間テレビ」という特別番組で、タモリさんについて「一回も食べなかった」と証言している。さらにタモリさんは共演者に「1週間に1回、日曜日は24時間食べない」と発言して、周囲を驚かせている。

実は芸能界で1日1食を実践している人はかなりいる。たとえば同世代のビートたけしさんも1日1食派だ。食事は夜取るようで、朝は野菜ジュースだけだと公言している。そのほか刑事ドラマ「相棒」で人気を博している俳優の水谷豊さんも1日1食で通しているし、長寿のインタビュー番組「徹子の部屋」で、変わらないテンポでしゃべり続ける黒柳徹子さんもそうだ。

女性に人気の歌手の福山雅治さんも1日1食。ほかにもGACKTさん、京本政樹さん、美川憲一さんなど、調べてみるとかなりの方々がファスティングを実践している。

  • LINE