COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2021.08

エネルギーも食料も医療も。
利雪がGDPを押し上げる!
世界一の豪雪国「日本」の利雪戦略

雪室で夏まで食品を保存できる

伊藤●氷室と役割は似ています。昔から雪国では、冬にたくさん降る雪を涼しい場所において夏まで保存して、さまざまなことに利用してきました。雪を貯めておくその部屋が雪室です。

雪室は、雪穴や雪におなどのさまざまな呼び名があって、全国で今でも利用されています。

記録では新潟県内だけで60個所くらいの雪室(雪山)があったようです。そこに春先になると雪を投入しさらに盛り上げてつき固めていました。その上から、藁で編んだ「コモ」や「ムシロ」で覆って、夏まで保存していました。そのなかに貯蔵庫となる空間をつくり、鮮魚や米、野菜などを貯蔵していたんです。

BIZ●つまり共同冷蔵庫として利用していた。どのくらいの期間、もったのですか?

伊藤●だいたい夏までは持ったようです。

BIZ●まさに天然、といっても人力がかかりますが、自然の冷蔵庫として持ったわけですね。しかも冷蔵庫のような冷媒は使わない。電気も要らない。確かにこの知恵をもっと現代に活かせばすごいことになりそうです。

  • LINE