COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2022.01

【new comer&考察】
デジタルオリジナルが価値を持つ時代に!
NFT=非代替性トークンが広げる可能性

NFTが急に話題となったのは、これまで仮想通貨に活用されてきたブロックチェーン技術のトークン規格が、国際基準化されたことがある。現在の仮想通貨のプラットフォームはイーサリアムというブロックチェーンプラットフォームの規格「ERC721」に則った形で扱われる。ブロックチェーンは別名「分散取引台帳」と呼ばれるように、取引内容が公開される。つまり誰が誰といくらで取引したことがすべてわかるため、「ずる」をすればその人物が特定できる仕組みとなっている。またブロックチェーンは暗号資産のプラットフォームとなっており、取引自体は暗号化されて行われるので、第三者がそのコンテンツを勝手にコピーや改ざんができないようになっている。

ではそのNFT付のデジタルコンテンツを手に入れようと思った場合はどうするか。すでにNFTマーケットは立ち上がっており、その多くがイーサリアムのERC721規格を用いたマーケットになっている。

ほとんどが日本円以外の決済となっているが、GMOグループ「AdambyGMO(アダムバイジーエムオー)」がデジタルアートを対象に日本円決済可能なNFTマーケットを開いている。

ほかにはデジタルアート、ゲーム、トレーディングカード、デジタルミュージック、ブロックチェーン・ドメイン、ユーティリティトークンなどを対象にしている「OpenSea(オープンシー)」、デジタルアート、ゲーム、フォトグラフ、デジタルミュージックなどが対象の「Rarible(ラリブル)」、デジタルアートを対象にした「SuperRare(スーパーレア)」、暗号資産などで知られるコインチェックが展開するゲームやトレーディングカード対象の「CoincheckNFT」が知られる。

  • LINE