COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2022.03

【new comer&考察】
卵の価格が倍に?ペットショップはやがてなくなる?!
世界で広がる動物の福祉思想
「アニマルウエルフェア」とは?

アメリカでは22年1月から
世界一厳しいアニマルウエルフェア法が施行

 1つの流れを作ったのは米国だ。
 世界に先駆けた法律を実施する米国カリフォルニア州では、2018年に住民投票で家畜を拘束して飼育することを禁じる法律が可決。2022年1月より、施行されている。世界で最も厳しいとされるこの法律では、豚が1頭2.22平米、鶏はケージフリーでの飼育面積が決められ、それを下回る環境で飼育された肉や卵の販売は禁止される。


 カリフォルニア州では、すでに2012年からフォアグラの販売・生産を禁止している。フォアグラはガチョウに強制給餌して肝臓を通常の10倍程度まで肥大させた食材で、世界中の美食家が憧れるフランス料理の定番だ。
 こうした動きに対して、フランスのフォアグラ生産者が「肝臓を肥大させる課程において苦痛を与えてはいない」と反発している。
 一方フォアグラについては、フランス国内でも非難が高まっており、2021年12月からはストラスブールやリヨン、グルノーブルなどの地方都市では、公式行事にフォアグラを使用しないことを決めている。

  • LINE