COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2018.07

“きっちり”し過ぎて損をしていないか? ビジネスは<だらしな系>のほうがうまくいく?

【new comer & 考察】8K動画は人間の感覚をどう変える?-いよいよ8K地上波放送開始

AQUOS

シャープHPより

 先日NHKはついに、今年の12月1日より4K/8Kの衛星放送(BS)の開始を発表した。すでに一部有料衛星放送(CS)では4K放送が始まっているが、いよいよ4Kはもとより8K放送が当たり前になる。これは言わずと知れた2020年の東京オリンピックにタイミングを合わせて進めてきた総務省、TV業界の次世代放送プロジェクトだ。

 Kとは1000の意味で、通常のハイビジョン放送が2Kと言われている。これはテレビの水平方向の画素数を意味しており、原稿のハイビジョンが1920画素=約2000ということから2Kとなっている。これに垂直方向の画素数が1080画素がかけ合わさって、私たちが見る2Kのハイビジョン放送は約200万画素で表現される画面を見ている。

 4Kは縦、横がそれぞれ2Kの倍で(2倍×2倍)で約800万画素となる。8Kは縦、横が2Kの4倍×4倍(16倍)ということで、約3300万画素となる。その表現力の豊かさは圧倒的となる。

 総務省はNHKをはじめ、BS朝日、BSジャパンなどBS放送を持っている在京キー局に認可をおろしているので、12月から順次4K/8K放送が始まっていくとしているが、8Kで認可を受けているのはNHKのみだ。

 また総務省では12月以降開始する放送を4K/8Kではなく、「新4K/新8K」と呼んでいる。とくに画面の画素数は変わらない。これは対応するアンテナとチューナーの違いを意味している。従来はCS向けだったが、12月以降はBSに広がるので、それに対応したアンテナとチューナーが必要になる。

 4K対応テレビや現行でも4Kテレビは販売されているので、実際に視聴した人もいるだろう。問題は8Kだ。

 現行では8K対応のTVはシャープだけが対応している。ただまだ実際に4K放送しか始まっていないので、電気店の店頭で見る映像は4Kの映像を8Kに置き換えて映し出している。12月から、NHKのBS番組でようやく本当の実力が発揮できることになる。

国立がん研究センター、オリンパス、NTTデータなどが協力、開発した8K内視鏡システム、(国立がん研究センタープレスリリースより)

 先の話となるが、今後技術が進めば、8Kの先に16Kが生まれてくるのか?

 もし生まれるとしてもかなり先の話となるだろう。

 というのも人間が実際に目にしてるリアルな世界とバーチャルな映像空間との差は、8K以上では認識できないとも言われているからだ。

 4Kなど先端画像処理をいち早く必要とするのは、コンシューマーではなくB2B、とりわけ医療などのニーズは高かった。たとえば、内視鏡シェアトップのオリンパスは、すでに8K内視鏡を完成させ臨床中だ。

 だがオリンパスは当初、4K開発には乗り気でなかったという。拡大率を上げれば十分だと考えていたことと、ほかに赤外線や3Dなど用途に応じた内視鏡も開発していたからだ。

 しかし試しに4Kを試作し、医師に提供すると「画像がわかりやすいだけでなく、立体的に見える」と好評だったという。

 つまり人間の視覚では4K、8Kと高詳細化するにつれ、立体的な再現性も高まり、奥行き感なども精緻に捉えることができるのである。

 筑波大学の情報工学系准教授でメディアアーチストの落合陽一氏は、AIや映像技術が進化すれば、リアルとバーチャルとの境目がなくなり、人間はバーチャルな世界に融合されるとしている。

 「いま見ている世界がリアルな世界なのか仮想空間なのかが判別できなくなる」というのが彼の見立てだ。 となれば、8K時代にふさわしいビジネスのあり方も問われてくることになるだろう。たとえば、カメラや録音機材が現地にあれば、わざわざ現地に視察に行く必要もなくなるだろうし、ネットショップ、テレビショッピングの力はより強くなるかもしれない。会議のスタイルもどんどん変わるだろう。集会やセミナー、教育のスタイルも変わる。もちろん医療も変化するだろう。

 単に美しいだけではない、8Kを活用したビジネスや教育のあり方を根本から変えていくパラダイム・シフトが起こってくる。それは思いの外、早く訪れそうな様子だ。

  • LINE