COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2019.07

2500年前からの知恵 「孫子の兵法」に学ぶ

ただ勝てばいいスポーツと経営は違う

 これを現代の経営に活かすとすれば、どうなるのか。『小さな会社こそが勝ち続ける孫子の兵法経営戦略』の著者・長尾一洋さんは、この文をこう解釈している。

 すなわち、「競合企業との局地戦に勝ったからと言って喜んではいられない。最も有利な経営戦略は、競争相手のいない市場を開拓することであり、新しい市場をつくりだすこと」だと。

 競争相手のいる市場では消耗戦となり、相手ばかりか自分たちのダメージも大きくなる。そこに経営資源をどんとつぎ込んでしまうと、仮に勝てたとしても、次の一手が出せず、戦いに参加しなかった別の企業がその市場をさらっと奪っていきかねない。

 ただ勝てばいい―スポーツならそれもいいだろう。しかしビジネスにおいては、どう勝つかが求められる。ある市場でシェアトップを守れたとしても、連続赤字だったどうか。研究開発費を削ってのシェアトップだったらどうか。急速に萎んでいく市場でのシェアトップだったらろうか。

 勝ち方の意味を考えて戦いに臨むことが重要だ。消耗戦で勝っても戦力は温存できないだろうし、展望も開けてこない。

  • LINE