COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.06

ポストコロナ時代の羅針盤
知って目からウロコ!
開疎化の時代の産業集積入門

戦火に遭う遭わないが、
2つの泉州と今治の
タオル史を変えた

一方、今治のタオルは、泉州のタオルとは違った歩みを見せる。

今治も泉州同様、江戸時代は綿布の産地だった。しかし明治時代に入ると、廉価な木綿製品が出回るようになり、今治の綿布産業は衰退していく。そこで今治繊維産業の父と言われる矢野七三郎が、紀州ネルを改良した「伊予ネル」を考案し、後進の育成を行うようになる。そのなかの1人、阿部平助が1894年に綿ネルの織機を改良し、タオル織機を開発、これが今治タオルの工業化の起源となった。その後、1910年には麓常三郎が二挺式バッタンと呼ばれる織機を考案し、生産性を飛躍的に高めた。さらに明治時代末期になると現在の今治タオルの特徴であるジャガード織の技術が中村左衛門によって導入される。大正時代には菅原利としはる鑅らが、柄の自由度を広げるなどしてその存在価値を高めていった。

こうして泉州と今治はタオル産業の集積度を増していく。

その後この2つの集積地は、第二次世界大戦を境に発展の仕方が大きく変えることになる。

戦後戦火に遭うことがなかった泉州地区は工場整備が残り、生産技術も戦前のものを継承する形で生産が再開する。

一方、今治は戦火に遭い、多くの設備を失ってしまう。再開には設備を更新する必要があった。今治ではこのタイミングでジャガード織り機を一気に設置していく。

戦後の高度成長期を迎えると消費者の高級志向を受け、色柄物厚地タオルへの需要が高まっていく。その生産に適したのがジャガード織だった。

生産工程でみていくと今治は「先晒さきさらし」を採用しています。これはジャガード織にマッチした手法さ。つまりタオルの高級化に対応しやすかったのだ。ジャガード織はタオルケット生産にも応用でき、その生産量を拡大していった。

一方泉州は「後晒あとさらし」を採用していて、これは糊が取り除かれるので、タオルの吸水性という面では優れているものの、複雑な織には適していなかった。このため高まる色柄ニーズには対応できず、白タオルへの名入れ、印入れが中心となってしまい、それが製品開発における2つの産地の差となってしまったのだ。

国産タオルは輸出によってその生産量、技術の発展がなされてきたが、高度成長期に入るとどんどんその比率を下げて、1970年代にはその比率は1%を切った。

ここに至ってタオル業界は完全に内需型の市場となる。

70年代以降タオル産業は長期的な低迷を続けているが、インターネットをはじめ新たな流通ネットワークの構築、時代のニーズを取り込んだ新しいデザインや新しいブランドの育成、PRの積極的展開などに危機感をもって取り組んでいる。

人気ファッションブランドなどとの提携も積極的に行い、近年は再び海外への展開を図っている。

とくに今治ではその技術や品質を保証する独自品質基準を設け、ロゴをつけたりなど、ブランディングを強化。またタオルソムリエ資格試験などを設定し、ソフト面からの裾野拡大と底上げにも積極的に取り組んでいる。

このようにその地に集まる特定産業には、それまでのそれぞれの歴史があり、かつさまざまな産業システムと技術革新、システム革新の積み重ねがある。決して伝統に溺れない、したたかで粘り強い、かつ柔軟な発想を持つ人がその未来を拓いていくことは間違いない。機会があれば、また紹介したい。

  • LINE