COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2021.02

サスティナブルな社会と会社の基軸
ESG、SDGsに取り組む前に知っておきたい
みんなの幸福学

ESの向上は社員のパフォーマンスを
上げない?!

ここで誤解してはいけないのが、社員満足度(ES)が高い=幸福度が高いということではないということ。前野教授は、ESは様々な研究により、企業のパフォーマンスに影響を与えないことがわかってきたという。ESを上げるために職場環境改善や福利厚生に力を注いでも業績向上につながっていかないのだ。

ESと幸福度は何が違うのか。

ESは、仕事の労働環境への満足度、人事評価に対する満足度、福利厚生への満足度といった「企業の特定分野、部分への満足度」を測る指標。

対して幸福度は、社員としての部分的な満足度ではなく、人間関係や家庭環境、余暇の過ごし方を含めた個人としての人生全般に関する充足度を測る指標。したがって仕事全体はもちろん、プライベートの充実も入ってくる。つまり人としての幸福度が高い社員が会社の業績・成長に貢献するということだ。

ワークライフ・バランスという言葉が流行り、仕事とプライベートが分けられるようになってきた昨今では、仕事の満足にしかアクセスできなくなりつつあるが、会社だけでなく、家庭環境や状況などを含めて幸せと思える環境をつくっていくことが、これからの企業には求められてくる。

  • LINE