COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.11

【new comer&考察】
えっ、こんなものまで!
イマドキのリサイクル事情ってスゴイ!

SDGsがビジネス界を席巻している。SDGsとは、国連が提唱する持続可能な社会実現していくために企業、市民が取り組むべき目標として設定された17ジャンル、169のターゲット項目のことを指す。

17のジャンルだけでも大変なのに、169もの項目をクリアするなんて...。会社が倒産してしまう! と叫びを上げなくても大丈夫。このなかの1つでも2つでも会社の事業やふだんの生活などで取り組むことができれば、それだけでも十分SDGsの仲間として認められるので...。

逆に言えば、169もの項目を立てれば、何かしらできることはあるだろう、というのが、このSDGsの趣旨。

テーマとしては、貧困や差別、教育格差、ジェンダー平等など現代の人権問題、労働問題などが入っているほか、クリーンエネルギーや海の豊かさ、陸の豊かさなどといった、割と昔からの環境問題があがっている。

このエネルギー問題、環境問題は20世紀から引き継いだ割と古い問題で、ある程度すべきことは明確で、社会にも浸透している。

なかでも資源のリサイクルについては日本の取り組みは先進的であり、社会にも定着している。だからなんとなく、目新しい技術や事業など、ないのでは? と思いきや、リサイクルはどんどん進化している。しかも結構意外なカタチで。

いくつか紹介しておこう。

  • LINE