COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.11

【new comer&考察】
えっ、こんなものまで!
イマドキのリサイクル事情ってスゴイ!

●卵の殻を徹底的にリサイクルする
キューピー

食品リサイクルは、さまざまな企業がいろいろな商品や事業で展開している。マヨネーズで知られるキューピー。製造工程で残った卵の殻は年間で2万8千トンもあることから、早くからその卵の殻の利用法にはアイデアを絞ってきた。

キューピーでは殻が含む高いカルシウム成分に着目。土壌改良材として提供するほか、またカルシウム強化材として乳幼児向けの栄養食品の原料に使っている。またその色から石灰の代わりにグランドに線を引くためのフィールドライン、エコチョークなどに商品化。エコマーク認定やグリーン購入法適合商品ともなっている。

このほか、砕いてスタッドレスタイヤやゴム底靴の材料などの工業製品原料としても使われている。また近年は殻の多孔質構造に着目した壁材としても利用されている。

さらに卵の殻の内側の卵殻膜は、アミノ酸など成分を豊富に含んでおり、コクを出すために同社のドレッシングなどにも使われている。

卵に限らず、生き物が生み出すものは、ほとんど無駄がない。アイデア次第で、まだまだリサイクル利用できそうだ。

  • LINE