COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2021.11

エコノミスト・アナリストはこの経済指標を使う! ビジネスマンだけではなく、
日本人が知っておきたい経済指標

GDPを補完する「鉱工業生産指数」、「在庫指数」

無論エコノミストたちは経済状況を読み解く際はGDPだけでなく、その他の指標を参考にしていく。

その他の代表的な指標として知られるのが「鉱工業生産指数」、「在庫指数」、「日銀短観」、「法人企業統計」などだ。

鉱工業生産指数は、鉱工業の生産活動の全体的な水準の推移を示す統計。鉱工業というとどこか保守的なイメージがあるが、景気全体の動きと近いことや、統計の発表が早いこと、また過去の生産実績だけでなく、今後の2ヵ月の予測まで発表されるので、エコノミストやアナリストから注目される。

在庫指数は、在庫の変動状況を見る指標だ。在庫指数には4つの局面があり、それが順番に循環しているのが特徴だ。

想定を上回る急激な在庫減が起こる時は、景気の回復期にある時だ。意図していない在庫減なので、この局面を「意図せざる在庫減」と呼ぶ。その後増産によって在庫の積み増しを図ると、在庫水準は「減少」から「適正」に推移する。この局面を「在庫の積み増し」と呼ぶ。

逆に想定を上回る在庫増が起こった時は、景気が低迷期に入った時だ。この局面は「意図せざる在庫増加」と呼ぶ。そこで企業は生産抑制を行うが、ワンテンポ遅れるため適正から過大に推移する。この局面を「在庫調整」と呼んでいる。

  • LINE