COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2022.09

混迷の時代に最強の強運生活をつくる 知っておきたい
縁起の法則と開運術

 COVID-19のパンデミック。ロシアのウクライナ侵攻。世界各国で相次ぐ右翼政権の誕生。止まることのない円安―。VUCAと言われて久しい時代だが、それにしてもこの数年は混迷度が増している。
 こういった時代は、いかに優れた経営者であっても、いくら緻密に事業計画を立てようとも、その通りにいくとは限らない。経営、そして人生には「運」が関わってくる。だからこそ、どんなときでも運を味方に付けておきたいものだ。邪気を払い運気を呼び込んでおけば、地獄のような厳しい状況でも仏のような人に出会って、危機を脱出する事もあり得る。悪い時には悪いなりの回避方法が出て来るものだ。
 もちろん、運気が上がっている、ついていると思っていれば、それだけで仕事に安心して取り組むことができる。
 311の震災後、レジリエンス(復元力、強靱化)という言葉が話題になったが、まさに今の経営に求められているのは、レジリエンス。ちょっとやそっとの落ち込みやマイナスにはめげないレジリエンスな経営力をつけるためにも、縁起物や開運のしきたりなどは正しく学んで、身につけておきたい。

  • LINE