COLUMN ビジネスシンカー

  • SHARE
  • LINE
2020.09

意外?当然?それは脳の癖です! 自分の脳の癖を知って
ビジネスに活かす!

売れるスーパーのチラシには「Z」の法則が貫かれている

このシュードネグレクトは、ほかにも多くの場面で活用されている。日本料理店で魚の尾頭付きを注文すると、ほとんどが左側を頭にして出て来る。これは左側に頭があったほうが、収まりよく見えるからだ。図鑑などの表現もそう。左側に頭が来るようにレイアウトされている。

店作りなどにも応用できる。たとえば、店の棚作りでは入り口から左側に目玉商品を置くと、売上が伸びることが実証されている。その店まで人を呼び込む、チラシやHPでも、左側を重視するとよりお客さまを呼び込みやすくなる。

小売やチラシなどの業界では、俗に「Z」の法則と呼ばれるものがある。人間がチラシやパンフレットを見る時は、ほとんどの人が視線を左上からZの字に移動させるのだ。このためセールのチラシでは、左上に売りたい目玉商品を置き、視線に沿って商品を置いていくと、より集客しやすくなる。

一方、ホームページの場合は「F」の法則と言われるセオリーがある。視線が左上から右へ、左上から下へと動くのだ。その目線に沿ったレイアウトを心がけると、読みやすい好感度の高いホームページとなる。

  • LINE